ギター大好き いつこ・ふみあきの酒の肴

音楽とお酒とイベントが大好きな2人のブログです

薄情な嫁(*_*;

相方ふみあきのお母さんが、先日入院した。

 

9月の中旬から、食事をすると吐き気がして、あまり食べられない。

一度は救急車も呼んで運ばれたらしい。

かかりつけの町医者で、点滴してもらったりしたけど、黄疸が出たこともあるらしい。

原因が、はっきりしないので、CTを撮ることになったというので、相方と駆けつけた。

 

CTを撮ったら、技師さんが「胆のうに石があるかもしれない。胆管にも石がありそう。念のため、MRIを撮りましょう」と。で、MRIの結果「やっぱり石があるようだ。胆管の入り口が石でつまっているので、胆汁が腸に流れず、吐き気がするのではないか?」と技師さんから説明されたが、「明日、主治医の先生のところに結果を持って行って、方針を決めてください。放っておいてはいけない状態です。」と。

 

で、結果をしっかり聞くため、急遽泊まることにした。

 

相方の実家に泊まる時は、いつも相方の同級生と飲みに行ったりする。

で、もれなく同級生に連絡して飲みに出かけた。

その日は、お母さん吐き気も出てなかったみたいだし(^_-)-☆

 

ところが、出かけて飲み始めたところに、お父さんから電話。

また吐き気が出て苦しんでるとの事で、同級生を置いて帰宅。

 

翌日、主治医に受診し、大きな病院を紹介してもらい、受診し、前日もやったけど別の病院なので、そこでもCTやMRIを撮り、やはり、入院治療が必要。本日個室なら入院できる」ってことで、入院させてもらった。

そして、一旦私たちは、横浜に戻ってきた。

 

入院した翌日には内視鏡で、胆管入り口の石は取りのぞいてもらえて、日曜からは食事も摂れるようになったらしい。でも、胆のうの石はまだそのまま。

月曜の朝、エコーをやって、胆のうも取るか検討するというので、また日曜に実家に向かった。

別の同級生に連絡したら飲みに行けるって(^_-)-☆

 

f:id:itsukofumiaki:20171004134218j:plain

f:id:itsukofumiaki:20171004134234j:plain

乾杯!!

 

f:id:itsukofumiaki:20171004134302j:plain

セロリ~!

 

f:id:itsukofumiaki:20171004134338j:plain

枝豆~!

 

f:id:itsukofumiaki:20171004134400j:plain

胡瓜のたたき 梅ソース和え

 

f:id:itsukofumiaki:20171004134434j:plain

初めて食べたギバサ

なんか体に良いらしいです。

www.ogayoshi.com

アカモクっていうらしい。